素直にナチュラルに、幸せでのびやかな日々を送りたいあなたへ。

◇ プロフィール



大菊 京子 (おおぎく きょうこ)
1970年9月12日生まれ。O型。
横浜で猫の「まめ次郎」(♂)と暮らしています。



横浜生まれの横浜育ちです。泣き虫で人見知りな子どもでした。
ベルトつきの赤いエナメル靴がお気に入りでした。

小学生のとき、昼休みにはずっと女の子のイラストを描いていました。
つきゆびをしてからドッジボールが苦手になりました。
中学生のとき、苦手を克服!と思って運動部にはいったけど、ぜんぜん向いてないし好きでもなくって、ほんと、なにやってんだかって思ってました。

高校生のとき、演劇部にはいりました。
大好きな仲間ができて、授業は休んでも部活にはかかさず出ていました。
大学生のとき、勉強に集中!って思ってたはずなのにとある劇団にはいっちゃって、楽しく厳しく、勉学はおろそかに、かつ親にさんざん迷惑をかける日々を過ごしました。

はたらくようになって数年して、結婚をしました。
会社勤めをしたりお家にいたりを何度かくりかえし、10年目に離婚しました。
その間、子どもが出来ないことになやんで数年間ひきこもり状態にもなりました。
いくつかの職場をやめる際には身体をこわしたりもしました。

保育士試験に3年目に合格しました。ベビーシッターとしてはたらいたりしました。
じょじょに、ヒーリングやセラピー、というものとの縁が深くなっていきました。
体調不良をととのえたくて、リフレやアロママッサージ、カイロなどを受けていたのがはじまりです。

そのうち、自分でやってみたいと思うようになりました。
ボディワークを学びました。ハンドヒーリング、キネシオロジー、直感ヒーリングなど。ほかにもかじっただけのものも含めたらいろいろ学んだりしました。

スピリチュアル、といわれるものにふれる機会がふえました。そういう読み物を学ぶ会や講座に参加したりしながら、サロンをはじめてみました。
でも、エネルギーワークといわれているものは「気になるけどコワイ」という状態が長く続きました。

それでもやっぱり、気になって、おそるおそる踏み出してみました。
葛藤したり抵抗したり、ぐるぐるもやもやしながらも、本当はとてもやりたいことだったんだと、すこしづつ腑に落ちていきました。とっても時間がかかったけれど(笑)

ほんとうに好きだと思うことをやって、ほんとうに心地よいと思うものにかこまれて、大好きな人達の笑顔とともに、やさしい時間と空間にみたされた日々を送りたい。
そんなふうに思うようになりました。

自分らしく、素直で自然なピュアなハートのままで、幸せに生きたい。
やさしい感性をのびやかに解放したい。
そう願っている人がいるとしたら、きっとどこかが共鳴している"仲間"なんじゃないかなって思います。

いつもどこかに孤独を感じて、私はひとりぼっちだっていう感覚がずっとありました。
そんな私も、とっても大切でとっても大好きな恋人と出会いました。
ときどき、ぐるぐるしたりもやもやしたりしながら、ずっと一緒にいたいと思えるひととともに、幸せでちょっと切ない愛の学びの日々を楽しんでます。

大好きな猫のまめちゃんと一緒の毎日は、あったかくてゆるゆると幸せです。
さまざまなみえるものみえないものたちに見守られながら、こうして人としての喜びを味わえることが、涙がでるくらい嬉しくて、同時に不思議だなぁと感じています。

いま、こんなかんじです。
どうぞよろしくお願いします。

(2016年10月18日)



(2017年5月28日 今の髪型はこんなかんじです)



(2015年11月 湘南の海辺にて)